ccd10569fe4eb2f20fa9fd097c8d419c_s

ビットコインの下落がとまりません。アルトコインも引きずられています。
正直、さっさとセイリングクライマックスしろ!と思うんですが、なかなかそうは行かないようです。

今日も微妙にあがったかと思えばまた落ちて、FXのエントリーはBOTでなければ私には無理だな、と改めて感じました。

さて、タイトルにもあるとおり、私は保有しているアルトコインについて戦略見直しを行いました。

今までの戦略

今までは将来性のあるアルトコイン、今後何かのイベントが待っているアルトコインを買っていました。
それらはイベントが起きれば価格が高騰するからと考えていたからでした。
  • XRP 銀行間送金(ただしまだまだ先でしょう)
  • PAC 活発な開発、今後登場するプロダクト
  • ADK 通貨の特性からオフショア資金の流入の期待
  • XP eSports チームと連携
などです。

スタンスとしてはガチホになります。
多少の価格の変動は気にせず、今後の価格高騰を待つパターンでした。

しかし、BTC の大きな下落が原因で仮想通貨自体が冷え込み、これらの価格も購入時の数分の1になってしまい、考え方を変えました。

これからの戦略

XRP を除くアルトコインは、イベントが具体的に動き出してから購入するようにする。
ガチホ戦術ではいかに安く仕入れ高く売るかにかかっていますが、これからは値幅を取りにいくことに決めました。

ガチホでよかったのは去年の話であり、今年はもっと柔軟に動く必要があると考えました。
なので、売買の都度データを入力しなければならないポートフォリオアプリは消しました。
データの入力が面倒だから売買を少なくするというのは本末転倒だからです。

私がとった行動

XRPはそのまま保有します。チャンスがあれば枚数増やしを継続します。
その他のアルトコインは全部売り、勢いのある NANJ に突っ込みました。

NANJ が危なそうなら即売ってまた別のコインに変えるつもりです。
上場して日が浅いので分析するにはデータが足りませんが、今のところは BTC に引きずられていないので資産の分散化になるのでは無いか、開発が法人化という具体的な動きをみましたので今後に期待できそうと考えたからです。

実際、購入価格から約 1.5 倍になっていますので、この判断は現時点では間違っていなかったと思います。
売ったアルトコインは今日も値を下げていました…。

まとめ
  • アルトコインは基本 BTC に引きずられるので分散投資にはならないので注意。
  • ガチホよりも柔軟に立ちまわることで資産を増やすチャンスを増やせる。
  • プロダクトが登場してから買っても遅くはない。値幅を取りに行こう!