cc0160170659_TP_V

BTCFX用 BOT を作るために奮闘中です!
デスクトップ環境は Linux (Ubuntu派生ディストリビューション)なのですが、24時間起動している自宅サーバ FreeBSD で動かしたいので、セットアップしました。

なお、BOT 作成のため、AKAGAMIさんのnoteを購入してコードを参考にしています。
※ 有料ページに記載されたコードを使っているため、python コードを公開できません。すみません。


FreeBSD のセットアップ

BTCFX から大きく外れてしまうのでここは省略します。
インストールメディアから普通にインストールすれば OK です。いまなら、バージョンは 11.1 がよいでしょう。
インストール後に特に変わった設定はしていません。

FreeBSD公式サイト https://www.freebsd.org/ja/
豆知識ですが、PlaySation 4 の OS は FreeBSD ベースなんですよ。


Python3 のセットアップ

FreeBSD にはパッケージシステムがありますので、これを利用します。
python のインストール、python のパッケージシステム pip のインストール、BitMEX に接続するためのライブラリ ccxt をインストールしていきます。

$ su
# pkg install python36-3.6.4
# pkg install py36-pip-9.0.1
# rehash
# pip-3.6 install ccxt

pip20180325

pip インストール時にこんなメッセージが出ますけど、

pip2018032502

--user なんか知らん!と言われるので --user 無しで構わずインストール。
/usr/local/lib/python3.6/site-packages/ に ccxt ライブラリがインストールされます。
初めて python をインストールした環境なら影響はないでしょう。FreeBSD はベースシステムに python は入ってないですし。
なお、cctx という似たような名前のライブラリが有ります。スペルミスに気をつけてw
(私はスペルミスして cctx を一度インストールしてしまいました…w)

BOTスクリプトの作成

python のパスが /usr/local/bin/python3.6 になるだけで、AKAGAMI さんのスクリプトがそのまま使えます。

btcbot_2018032501

こんな感じです〜。

サーバで実行するので、コンソール出力よりも syslog に落としたほうがよいので、自己流に改造していきたいと思います。