仮想通貨アナライズ

エンジニア視点で仮想通貨について考察するブログ

くろしば大注目の NANJ は CoinExchangeで買えます

2018年03月

b65ccf5e922909a50952ff4a74257d51_s

ビットコインが日曜日に大暴落しかたと思ったら月曜日に急回復という、何がなんだかついていけない展開になっていますねw

連日、BTCFXのツイートしたりブログ記事もFXの話が多かったのですが、このままFXを続けると資金が無くなってしまいそうなので、一旦離れます。

今後の仮想通貨戦略、どうやって資産を増やそうか考えてみました。

BTCFXについて

このまま負けっぱなしで終わりたくないので、ボットトレーダーに転身しますw
まず、API の基本的な扱いを BitMEX テストサイトで習得し、アルゴリズムは本番サイトでテスト(Dry Run)します。
値動きが本番とテストで結構違うので、本番サイトで注文する代わりに注文入れたログのみ記録して、売買をシミュレートしようと思います。
行けそうなロジックが組めたら実際の注文をしてみようと思います。

アルトコインについて

今まではガチホ戦術を取っていましたが、所有枚数を増やすために細かく売買していきます。
売却の都度利確が発生するんですけど、現時点では大きな赤字なので、年末までにプラスマイナス0を目指しますw
特に XRP を増やしたいですね!70円で売って68円で買うだけで約3%弱枚数が増えます。
こつこつ売買していけば、年末までには結構増えてるかもしれない。
売買のタイミングにだけは気をつけますw!!

草コインについて

買った草コイン、値段が上がるどころか下がる一方なんですよねw
なので、取引所では購入はしないようにします。もう草コインバブルは終わりました。

でも、エアドロップでトークンを集めていこうと思います。無料でもらえるんですからね!
長期間放置して値段が上がればラッキーってところでしょうか。

仮想通貨は1400種類ぐらいでしたっけ?たくさんありますけど、当然淘汰されていきますので先行きの不透明な草コインを追加で買うならアルトコインがよいな、と考えています。
プロジェクトや今後の展望がはっきり分かっているものがあれば検討するかも。

ICOについて

今参加しているのは2つですが、詐欺の横行やICO割れのリスクを考えて、今後は参加はしないようにします。
ICO について調べるよりは、BTCFX ボット作成に時間を割きたいですね。


資産を増やすには、状況変われば方向転換は必須です。
今一度、戦略を見なおしてみてはいかがでしょうか。


bitmex_20180319

BitMEX でBTCFX 頑張ろうと奮闘も虚しくウォレットからこぼれ落ちるビットコイン…。
私にはビットコインの値動きを予測する能力がまだ無いみたいです。

アルトコインFXのほうが優しいのかな、と考えています。
ひとまず、BitMEX で残った BTC をアルトコイン FX できる取引所に送って
BitMEX に入金した金額が取り戻せるよう、慎重にトレードしたいと思います。

初心者には BTCFX は難しすぎましたw

bitmex_20180317

絶対にやっていけないストップ成行設定忘れをして価格が吹きあげてしまいました。
もう、BTCFX は終わりかなー。私には向いていないんだと思いました。
強制ロスカット食らうよりは損切りのほうがよいのですが、もう思考停止。
なるようにな〜れ!って思いました。

すると、FX の神様は「そなたはまだ退場するには早い」とおしゃられ、価格を一瞬で下げ死んでいたショートがまさかのプラスで決済できました。

命拾いしたのでこれからまた FX 頑張っていきます!
ボットも作らないとね!

bitmex-logo-testnet

BitMEX で突然に発生する暴騰、急落をなんとか拾えないかと思い、ボットを作ってみようと思いました。

まだセットアップ終わってないんですが、簡単に紹介します。

まず、BitMEXの自動トレードについての説明ページです。
https://www.bitmex.com/app/automatedTradingEngines

プログラムのソースコードは github に置いてあります。
https://github.com/BitMEX/sample-market-maker

ZIP ファイルをダウンロードすればよいと思います。ZIP を展開するとこんな感じでした。

Makefile   __init__.py   marketmaker       setup.cfg  test
README.md  market_maker  requirements.txt  setup.py

まずは README.md を読みましょう!
本番のトレードで使うなよ、テストしろよ、などの注意書きがあります。

で、セットアップ手順はこちら。

1. Create a [Testnet BitMEX Account](https://testnet.bitmex.com) and [deposit some TBTC](https://testnet.bitmex.com/app/deposit).
2. Install: `pip install bitmex-market-maker`
3. Create a marketmaker project: run `marketmaker setup`
    * This will create `settings.py` and `market_maker/` in the working directory.
    * Modify `settings.py` to tune parameters.
4. Edit settings.py to add your [BitMEX API Key and Secret](https://testnet.bitmex.com/app/apiKeys) and change bot parameters.
    * Note that user/password authentication is not supported.
    * Run with `DRY_RUN=True` to test cost and spread.
5. Run it: `marketmaker [symbol]`
6. Satisfied with your bot's performance? Create a [live API Key](https://www.bitmex.com/app/apiKeys) for your
   BitMEX account, set the `BASE_URL` and start trading!

手順1:テストネットアカウント作成、テストコイン取得

README.md の通りに進めていきます。まず最初は、BitMEX のテストネットのアカウントを作るように案内されます。

BitMEX テストネット
https://testnet.bitmex.com/

本番と同じようにアカウントを作りましょう。念の為、メールアドレスは別のものを指定すること。
登録が終わったら指示通り、テストコインの入金をします。

テストコイン入金画面
https://testnet.bitmex.com/app/deposit

画面内に、テストコインが取得できるサイトの URL がありますので、好きなサイトからテストコインをもらいましょう!

bitmextest_20180315

1.3XBT...w テストコインと分かっているんだけど、本物だったらいいのにw
時間は少々掛かりますが入金されると思います。

手順2:python ライブラリのインストール

pip ってのをよく知らなかったんですが、perl や PHP にも似たようなパッケージ管理コマンドがあるので、それと似たようなものかな?w

私の環境では pip がインストールされていなかったので、次のコマンドでインストールしました。
※ 私は Ubuntu 派生 Linux を使っています。

$ sudo apt install python-pip
pip コマンドがインストールされます。
次に、README.md の指示通りにライブラリをインストールします。

$ pip install bitmex-market-maker
Collecting bitmex-market-maker
  Downloading bitmex-market-maker-1.3.tar.gz
Collecting requests (from bitmex-market-maker)
  Downloading requests-2.18.4-py2.py3-none-any.whl (88kB)
    100% |████████████████████████████████| 92kB 180kB/s 
Collecting websocket-client (from bitmex-market-maker)
  Downloading websocket_client-0.47.0-py2.py3-none-any.whl (200kB)
    100% |████████████████████████████████| 204kB 65kB/s 
Collecting future (from bitmex-market-maker)
  Downloading future-0.16.0.tar.gz (824kB)
    100% |████████████████████████████████| 829kB 48kB/s 
Collecting certifi>=2017.4.17 (from requests->bitmex-market-maker)
  Downloading certifi-2018.1.18-py2.py3-none-any.whl (151kB)
    100% |████████████████████████████████| 153kB 50kB/s 
Collecting chardet<3.1.0,>=3.0.2 (from requests->bitmex-market-maker)
  Downloading chardet-3.0.4-py2.py3-none-any.whl (133kB)
    100% |████████████████████████████████| 143kB 61kB/s 
Collecting idna<2.7,>=2.5 (from requests->bitmex-market-maker)
  Downloading idna-2.6-py2.py3-none-any.whl (56kB)
    100% |████████████████████████████████| 61kB 103kB/s 
Collecting urllib3<1.23,>=1.21.1 (from requests->bitmex-market-maker)
  Downloading urllib3-1.22-py2.py3-none-any.whl (132kB)
    100% |████████████████████████████████| 133kB 73kB/s 
Collecting six (from websocket-client->bitmex-market-maker)
  Downloading six-1.11.0-py2.py3-none-any.whl
Building wheels for collected packages: bitmex-market-maker, future
  Running setup.py bdist_wheel for bitmex-market-maker ... done
  Stored in directory: /home/user/.cache/pip/wheels/26/e2/bc/5477b10308f83cd591da5d696ea3b3f590f7e6dc7d06c3ecf2
  Running setup.py bdist_wheel for future ... done
  Stored in directory: /home/user/.cache/pip/wheels/c2/50/7c/0d83b4baac4f63ff7a765bd16390d2ab43c93587fac9d6017a
Successfully built bitmex-market-maker future
Installing collected packages: certifi, chardet, idna, urllib3, requests, six, websocket-client, future, bitmex-market-maker
Successfully installed bitmex-market-maker certifi chardet-2.3.0 future idna-2.0 requests-2.9.1 six-1.10.0 urllib3-1.13.1 websocket-client
You are using pip version 8.1.1, however version 9.0.1 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.
pip の新しいバージョンがあるそうですが、今はスルーでw


手順3:marketmaker のセットアップ

どうやらプロジェクトなるものが必要らしいので、コマンドを実行してみます。
$ ./marketmaker setup
Traceback (most recent call last):
  File "./marketmaker", line 3, in 
    from market_maker import market_maker
  File "/usr/local/src/BitMEX/sample-market-maker-master/market_maker/market_maker.py", line 11, in 
    from market_maker import bitmex
  File "/usr/local/src/BitMEX/sample-market-maker-master/market_maker/bitmex.py", line 12, in 
    from market_maker.ws.ws_thread import BitMEXWebsocket
  File "/usr/local/src/BitMEX/sample-market-maker-master/market_maker/ws/ws_thread.py", line 10, in 
    from market_maker.settings import settings
  File "/usr/local/src/BitMEX/sample-market-maker-master/market_maker/settings.py", line 25, in 
    userSettings = import_path(os.path.join('.', 'settings'))
  File "/usr/local/src/BitMEX/sample-market-maker-master/market_maker/settings.py", line 19, in import_path
    module = importlib.import_module(filename, path)
  File "/usr/lib/python2.7/importlib/__init__.py", line 37, in import_module
    __import__(name)
ImportError: No module named settings
$
さて…とw

$HOME/.local/lib/python2.7/site-packages/market_maker/ にライブラリがあるみたいなのですが探せていないのでしょうか。

環境変数設定したり sys.path.append でパスを足してみてもだめでした。
残念ながら今日はここまで。

また明日、調査します!(オープンソースって、大抵すんなりとは動きませんよねw)



08fcf6e1f27d6947fe7719c898a78c8c_s


Google Chrome を使って取引所にアクセスしている方への記事です。

Google Chrome が旧Symatec 系のSSL証明書を順次無効としていくため、これらが発行したSSL証明書を取引所が使っていると、Google Chrome でアクセスできなくなります。

参考に、Internet Watch の記事を紹介しておきますね。

旧Symantec系SSL/TLS証明書、3月15日以降順次、Google Chromeで失効
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1110527.html



対象となるのは、Googleによって信頼できないと判断されたSymantec系認証局(CA)のThawte、VeriSign、Equifax、GeoTrust、RapidSSLなどが発行したSSL/TLS証明書。これについてGoogleでは、2017年9月にも告知を行っていた。



SSL 証明書というのは、Webサーバとブラウザにそれぞれインストールされており、https 接続するときに信頼できるものかどうかチェックして、OK なら緑の鍵アイコンを表示する仕組みになっています。

この問題を簡単に説明すると、旧Symantec系認証局が証明書を発行する過程に置いて不備があったため、Google がこれらの認証局が発行した SSL 証書は信頼できないものとみなすのです。

なので、この認証局が発行した SSL 証明書を使っている取引所が存在すれば、その取引所へ Google Chrome を使ってアクセス不能になる可能性が高いです。

もしセキュリティーの問題でアクセスできないという警告が出たら、アドレスバーの鍵マークをクリックして証明書「無効」のところをクリックしてみてください。
おそらく、発行元がSymantec、Thawte、VeriSign、Equifax、GeoTrust、RapidSSLなどのいずれかであるはずです。

気をつけていただきたいのが、取引所がハッキングされた!という勘違いです。
バイナンスの事件からまだ日が浅いので、間違った情報が拡散されることを危惧しています。
どうか、セキュリティーの問題で取引所へのアクセスができなくなっても慌てないでください!

↑このページのトップヘ