仮想通貨アナライズ

エンジニア視点で仮想通貨について考察するブログ

くろしば大注目の NANJ は CoinExchangeで買えます

2018年03月

nanjcoin

大ニュース!NANJ コインが高騰中です!

nanj20180331

今日だけで200%以上の高騰しています!

私は AirDrop でもらった分と昨日草コインを売って得た BTC で買った分を持っていたのですが
これ以上は上がらないかなと思い一度売りました。

でも、そのあとで更に伸びていきそうだったので、保有していた価格が暴落した草コインを処分して急いで買い戻しましたw

CoinExchange のチャートが1時間足より短い間隔で見れないのが残念ですが、MACDの勢いもあるしまだまだ伸びていきそうな感じです。

購入価格から2倍になったら半分売って原資回収すれば、売ってしまった草コインを買い戻すこともできますよね!

昨年、仮想通貨に参入して気づくのがつい最近だったんですが、余程のことがない限り特定のコインを握り続けるのはキケンですね…。

いくら将来、好材料が控えているというコインであっても、価格が下落傾向なら一度手放してもよいかもしれません。
好材料が実現し、価格に影響しだしてから買い直せば良いわけですから。

現物取引だけやっていた時は、なるべく安く買って値段が上がるまで握り続けたらいい、今は下がってもきっと将来上がるはず、なんて考えで年始からの暴落時にもずっと握りこんでいたのですが、BTCFXに触れて、値幅が取れたらOK という考え方に変わりました。


枯れゆく草コインにかすかな希望を抱くより、損切りして資産をもっと増やせる方向に目を向けてみましょう!
私は草コインで大きく資産を減らしました。FXでも結構焼けたから、かなりの赤字ですw

今年はその赤字を埋めるべくがんばります!

nanjcoin

タイトルまんまなのですが、NANJ コインが CoinExchange に上場したので MyEtherWallet から AirDrop でもらったコインを送ることにしました。

つまづきそうになった点があったので、手順を書くことにしました。

1.MyEtherWallet での送信準備

https://ethplorer.io/ では NANJ の所有が確認できるのですが、MyEtherWallet では確認できず送金ができないので、まずはトークンを追加してあげる必要があります。

親切な方がもう全部書いてあるんですが、こちらを参考に私もやってみました。

スーファミ世代の仮想通貨ブログ
https://superfamily.computer/entry/2018/03/16/233756

カスタムトークンを追加ボタンをクリックして下記の内容を入力します。
トークン契約アドレス: 0xffe02ee4c69edf1b340fcad64fbd6b37a7b9e265
トークンシンボル: NANJ
ケタ数: 8

すると保有している NANJ の枚数が表示されると思います。
この作業をしないと、Ether/トークンの送出の画面で NANJ が出てきません。

2.GAS用ETHの入金

トークンの送金にはマイナーへの手数料(ETH ではGASと呼ぶそうです)が必要です。
AirDrop でいろんなトークンをもらっている人は、売却のために取引所にトークンを送ろうと思ったら GAS が必要なので、ちょっと多めに ETH を入金しておくと良いでしょう。

取引所から ETH を MyEtherWallet のアドレス宛に送れば OK です。
AirDrop であちこちに入力しまくってるお馴染みのアドレスだと思いますw

3.NANJ宛先アドレスの確認

CoinExchange で Balances 画面を開き、NANJ で検索します。
Action のボタンで Deposit NANJ を選択し表示されたアドレスをメモします。

ご存知とは思いますが、Deposit は入金、Withdraw は出金を意味します。


4.MyEtherWallet から送金

MyEtherWallet の Ether/トークンの送出 の画面で宛先アドレスにさっきメモしたアドレス、送出数量に送金したい数量、ガスリミットは私はデフォルト値のままで送金を開始しました。

私の場合は送金手数料は 0.001737826 ETH (本日の価格で約75円) で送金できました!


この記事を書いている間に 1satoshi 上がっていましたw
BTC がだだ下がりで草コインも枯れまくっていますが、そんな中でこれから伸びようとしている NANJ に期待しています!

waves_2018032601

超重要です!Waves Lite Client がもうすぐ使えなくなります!

すっかり忘れておりまして、にちりんさんのツイートを見て急いで作業しました。
せっかく頂いたトークンを GOX してしまったら申し訳なさすぎます…。

移行作業自体はとても簡単なのでサクっとやってしまいましょう!

にちりんさんのホームページにやり方が書いてあるので URL を紹介します。
http://nichirin.stars.ne.jp/backup.html

手順の転記ミスがあったらまずいので具体的な手順は書きませんが、Waves Lite Client から SEED と呼ばれる15の単語をコピーして、新しい Waves client https://beta.wavesplatform.com/ に登録するだけのシンプルな作業です。

SEED がバレたらトークン盗まれますので気をつけてください!
そして、アカウント作業は今すぐやりましょう!後回しにするほど大変な作業ではないですよー。

cc0160170659_TP_V

BTCFX用 BOT を作るために奮闘中です!
デスクトップ環境は Linux (Ubuntu派生ディストリビューション)なのですが、24時間起動している自宅サーバ FreeBSD で動かしたいので、セットアップしました。

なお、BOT 作成のため、AKAGAMIさんのnoteを購入してコードを参考にしています。
※ 有料ページに記載されたコードを使っているため、python コードを公開できません。すみません。


FreeBSD のセットアップ

BTCFX から大きく外れてしまうのでここは省略します。
インストールメディアから普通にインストールすれば OK です。いまなら、バージョンは 11.1 がよいでしょう。
インストール後に特に変わった設定はしていません。

FreeBSD公式サイト https://www.freebsd.org/ja/
豆知識ですが、PlaySation 4 の OS は FreeBSD ベースなんですよ。


Python3 のセットアップ

FreeBSD にはパッケージシステムがありますので、これを利用します。
python のインストール、python のパッケージシステム pip のインストール、BitMEX に接続するためのライブラリ ccxt をインストールしていきます。

$ su
# pkg install python36-3.6.4
# pkg install py36-pip-9.0.1
# rehash
# pip-3.6 install ccxt

pip20180325

pip インストール時にこんなメッセージが出ますけど、

pip2018032502

--user なんか知らん!と言われるので --user 無しで構わずインストール。
/usr/local/lib/python3.6/site-packages/ に ccxt ライブラリがインストールされます。
初めて python をインストールした環境なら影響はないでしょう。FreeBSD はベースシステムに python は入ってないですし。
なお、cctx という似たような名前のライブラリが有ります。スペルミスに気をつけてw
(私はスペルミスして cctx を一度インストールしてしまいました…w)

BOTスクリプトの作成

python のパスが /usr/local/bin/python3.6 になるだけで、AKAGAMI さんのスクリプトがそのまま使えます。

btcbot_2018032501

こんな感じです〜。

サーバで実行するので、コンソール出力よりも syslog に落としたほうがよいので、自己流に改造していきたいと思います。

85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_s

ちょっと時間が取れなくて滞ってしまったBOT制作ですが、チャートを眺めている時間を減らし早めに作成に取り掛かりたいと考えています。

実行環境

自宅に24時間動いているサーバがありますのでこれにBOTプログラムをインストールして起動したいと思います。
サーバといってもファイルサーバみたいなもので、外部に向けてコンテンツを配信しているサーバではありませんw

トレードする取引所

BitMEX を考えています。
とりあえず、テストネットで基本的な操作(価格の取得、注文、ポジションの取得、キャンセルなど)は出来たので
あとはロジックを組んでいくのみです。
テストサイトで 1.3 XBT あるのが嬉しいですねw 換金できませんけどねw

うまく行けば、ビットバンクで XRP を増やす BOT なんかも作ってみたいです。

トレード方針

細かい値幅で大量注文!ってのが普通の BOT なのかもしれないんですが、FX に当てられる資金が相当減って残り少ないので勝ちやすパターンのみ狙っていこうと思います。
今のところは、ざっとこんなロジックを考えています。
  • 価格をモニタリングし、大幅に値下がりするかどうか待つ
  • 大幅値下がりを検出したら数分程度価格が上昇するのを待ってロング注文
  • ある程度値段が上がったら決済。
  • 一定期間、価格変動がなさそうなら(ヨコヨコを検出したら)決済。
うまく行くかどうか分かりませんけどね。
まずは、テストネットでちゃんと処理できるか確認。その後で本番で、実際に注文はせずログに記録するだけで利益が出そうかテスト。
しばらくテストして大丈夫そうなら実際に資金投入、というふうにしようと思います。

この週末にプロタイプ完成を目指します!

↑このページのトップヘ